何かと手間な引越しの際の手続き。最近は電子化が進み随分便利になってきました!今後は電子化に ついて調べていきます~

引越し 見積もり前の駆け込みサイト! 業者からもらう見積もりを通して、本当に付き合うべき業者を選定できる!



ブログ:引越し業界の最新情報

WWW サイト内
「引越し比較.com」


引越し後に済ませる手続き

役所関係



引越し前に手続きを行っても問題ありません!私は無理でしたが。。
提出期限に気をつけてください。^^
              
【転入届】 新しい住所の役所にある所定の書類を記入後、提出(転入届)。『転入届証明書』の交付を受領してください。免許証の住所変更などのために、同時に住民票を発行してもらうと便利です。

届け人:本人または世帯主
届け先:新しい住所の市区町村の役所
届け出期間:引越しをした日から14日以内
必要なもの
・転出届証明書
・身元を証明するもの(免許証等)
・届け出人の印鑑(認印)

※同じ区内・市内に引越しする場合は転出届でなく、転居届になります。

【印鑑登録】 新しい住所の市区町村の役所で印鑑登録を行ってください。 登録後、印鑑登録証が発行されます。

届け先:新しい住所の市区町村の役所
必要なもの
・届け出る登録印
・身元を証明するもの(免許書等)
・代理人申請の場合は、代理人の印鑑
【国民健康保険】 対象となるのは、国民健康保険に加入している方です。新しい住所の市区町村の役所で資格加入手続きを行ってください。手続き完了後、保険証が発行されます。転入届と同時に手続きしてください!

届け先:新しい住所の市区町村の役所
届け出期間:引越しをした日から14日以内
必要なもの
・転出証明書
・印鑑 (認印)
【国民年金】 対象となるのは、国民年金加入している方です。住所・氏名変更届が必要なので、新しい住所の市区町村の役所で変更を申請してください。

届け先:新しい住所の市区町村の役所
届け出期間:引越しをした日から14日以内
必要なもの
・印鑑
・国民年金手帳
※受給者の方は、ハガキ形式の変更届で届出の手続きをします。
受給者は社会保険事務所宛てに住所変更の専用ハガキを郵送。
【その他】

介護保険 児童手当 心身障害者福祉手当 転校届け

などに関しては条件により変わる場合があります。豊島区引越し手続きガイドに分かりやすく紹介されているのでご参考にしてください!

        
      


生活関係



【免許書】

住所が変更になるので「記載事項の変更手続き」をなるべく早く 行ってください

届け先:新しい住所地を管轄する警察署か運転免許センター
必要書類
-引越し先がいままで住んでいた都道府県と同一の場合

・申請書 (申請場所にあります)
・免許証
・住所を証明する書類 ex:住民票の写し、健康保険証等

※引越し先がいままで住んでいた都道府県と異なる場合は、プラスで申請用
   写真1枚(タテ3.0×ヨコ2.4cm)が必要です。

※本籍に変更がある場合は本籍記載のある住民票の写しが必要です。
※自宅に車庫がある場合は、見取り図・配置図・印鑑の他に、駐車場の
   管理者が発行する「使用承諾書」が必要です。

【自動車の
変更登録】
引越しによって住所が変更し所轄の陸運支局が変わった場合、新住所を所轄する陸運支局または自動車検査登録事務所で登録手続きを行ってください。
変らない場合の変更手続きは、現在所轄の陸運支局です。

手続期間:その事由があった日から15日以内
手続き:所有者もしくは代理人
必要なもの
・車庫証明/車検証
・新住所の住民票
・印鑑
・自動車税申告書/自動車取得税申告書

詳細は車庫証明・名義変更navi
車庫証明・自動車の名義変更・住所変更・登録代行まるわかりガイド
でも紹介されてます。
【銀行口座の
住所変更】
取引銀行の支店の窓口に届け出け住所変更を行ってください。
通帳と印鑑〈通帳印〉が必要インターネットでも申込みできます。

   ・りそな銀行    ・みずほ銀行    ・東京三菱UFJ銀行

【クレジットカードの住所変更】

本人であればクレジットカードの裏面に記載されて連絡先に電話をし、住所変更用の届出用紙を郵送。これに、必要事項を記入して返送すればOKです。

専用ダイヤル以外にインターネットで受け付けているところもあります。





Copyright(C)2005 All Right Reserved.